あいつは一体何を考えてるんだ!!

部下が一体何を考えているのかわからない、、、
隣の席のあの人が嫌で会社に行きたくない、、、
サザエさんのエンディングで涙が出てきそう、、、

コミュニケーションって難しい

あの人のために良かれと思ってやったことも
「あれ?反応悪い?」「あら?怒られた・・?」

コミュニケーションの難しさ、奥の深さを実感しますよね。
そんな時、皆さんはどのように対処されていますか?
専門書を読む。同僚に相談する。一人で考える…
それでも解決できない時は、相互の理解に一役買ってくれる、専門性の高いツールを試してみるのも一つの手です。

それが、DiSC行動分析アセスメントなのです。

DiSC行動分析アセスメントって?

DiSC行動分析アセスメントは、人材育成のプロフェッショナルや、職場改善の専門家の方のために提供されているツールです。
なんと、毎年世界中で100万人以上の人々に活用されているのです。

DiSCの4要素を組み合わせたスタイル

DiSC®アセスメントで測定すると、誰もがDiSC®の4要素を組み合わせたスタイルとなります。
1つの要素だけではなく、2つ、なかには3つの要素が突出している人もいます。
簡易な性格診断テストとは異なり、DiSC®のスタイルで良し悪しというものは存在しません。
人はそれぞれの異なる動機や欲求を持っており、一人ひとり特有の行動様式があります。
これらの違いには、大きな価値があります。違いを測定し、その価値を活かしていけば、職場でのコミュニケーションがより良いものとなり、健全な組織を築くことができるでしょう。

これらの違いには、大きな価値があります。その違いをそれぞれが理解しコミュニケーションのスタイルを変えることでより生産性の高い仕事につながります。例えば・・・

Dタイプ

主 導 直接的で決断が早い
“D” は意志が強く、勝気でチャレンジ精神に富み、行動的で結果をすぐに求める傾向があります。そのためDスタイルが強い人へは結論から先に述べ、あらかじめ任せる範囲を明確にすることで力を発揮します。

iタイプ

感 化 楽観的で社交的
“i” はいろいろなチームに加わり、アイディアを分かち合い、人々を励ましたり楽しませることを好みます。iスタイルには細かく指示を出すのではなく、目的を伝えることでチーム一人ひとりをうまく活躍させながら力を発揮してくれます。

Sタイプ

安 定 思いやりがあり、協力的
“S” は人助けが好きで、表立つことなく働くことを好み、一貫性があり予測可能な範囲で行動し、聞き上手です。Sスタイルには結論から述べさせたり焦らせていけません。目的と手順を、共感を得ながらしっかりと伝えることで力を発揮します。

Cタイプ

慎 重 緻密で正確
“C” は仕事の質を高めることを重視して、計画性をもって系統だった手順で作業することを好み、間違いのないように何度も確認します。Cスタイルにアバウトな仕事の頼み方は混乱させるだけです。目的、期日、完成のレベルを伝えることで自分で計画を立て任務を遂行してくれます。

DiSCは、自分と他者の行動欲求について効率的に理解を深められるようにデザインされています。
DiSCを活用して、「人間の動機・欲求を理解することで相互理解を深め、人間関係を向上させる」ことができ、チーム・組織全体の人間関係をより良いものに変え仕事の生産性を高めることができます。

DiSCどうやって診断するの?

noteでは、2つのコースをご用意しております。目的に合わせてお選びください。

診断コース

noteは、DiSC日本国内正規取扱のHRD株式会社とパートナーを組んでいますので、安心して
DiSCの診断を受けていただくことができます。
お問合せフォームからお申込み後、診断キットを送らせていただきます。
DiSC診断は1名様からお申込み頂けます。自己のタイプ、強み弱み、発揮できる環境、そして他者理解など細かく理解できます。料金は10,000円〜です。人数や内容によっても変更しますので詳細を聞いてみたい!という方はお気軽にお問い合わせ下さい。

診断・解説コース

沖縄で唯一、DiSCの専門研修を修了した講師がDiSCについて詳しく解説。ワークショップ形式で理解を深め、現場で実践できるコミュニケーションを目指します。

お問い合わせはコチラから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す