根性系研修が無意味だと思う理由

チームビルディング研修やってます!というと、時々根性系研修と混同されます。

今日たまたま見つけたネット記事を見ると、新人研修でチームビルディング合宿で3泊4日。中身を見ると、大声で挨拶を競争するとか、長距離歩いてその間怒鳴られ続けるとか。。

この企業研修は、競争を軸に作られてて、

周囲の期待に応え続けられる人間を作るとか互いに高め合うとか、主体性や自立心を育てるとか色々書かれていたけど、意味が分からなかった。

でも多分、主体性はそこまで大切に思ってないと思う。なぜならうちがそれを大事にしてるから!!!

noteの研修は、実感を大切にしている。実感するからこそ、自分で考え行動できるようになる!と思ってる。

講師が怒鳴って研修して、側についてずっとマインドコントロールすれば一瞬は変わるかもしれない。でもそれは本質ではない。

どうしたら気づきが生まれるのか。

どうしたらチーム力が高められるのか。

どうしたら他人との違いを受け入れることができるのか。

どうしたらチームで心のそこから達成感を味わえるのか。

そんなことをほぼ毎日考えてみているけれど、そこに怒鳴り声や罵声は絶対必要ない!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す